路線&高速バス BRT 鉄道 デマンドタクシーまで全部入り ひたちMaaSアプリ実証

オンデマンド型交通も組み合わせたのは新しいかも。

Large 201209 hitachi 01

拡大画像

「Hitachi MaaS」アプリのイメージ(画像:ナビタイムジャパン)。

 ナビタイムジャパンは2020年12月8日(火)、茨城県のひたち圏域新モビリティサービス推進協議会が運営するMaaS実証実験向けアプリ「Hitachi MaaS」にて、同社のルート検索サービスの提供を開始したと発表しました。

「Hitachi MaaS」は、茨城県内すべての既存交通手段や高速バス、また実証実験で運行するオンデマンドタクシーなどを組み合わせたルートを案内するアプリ。ナビタイムジャパンはこれに技術協力を行い、オンデマンドタクシーの予約や、ひたちBRT、高速バス、ひたちなか海浜鉄道の乗車券、日立市内路線バス1日乗車券といった周遊券の購入も可能にしているそうです。

 なお、同社は全国各地のMaaSアプリにルート検索サービスを提供していますが、オンデマンド型交通と複数の移動手段を組み合わせたルートの提供を実現したのは、今回が初めてだそう。オンデマンドタクシー実証実験エリアにてルート検索をすると、仮想停留所の位置を考慮し、対象のルートがある場合、ドアtoドアの最適なルートを提示するといいます。

 これにより、デマンドタクシーを利用した目的地までの最適なルート確認から配車予約、決済まで一貫して行えるようになるほか、事業者にとっては、ルート検索上で直接オンデマンドタクシーを提案できるようになり、サービスの周知と利用促進につながるとのこと。

 ナビタイムジャパンは「今後も、多様化する次世代モビリティの普及や社会の課題解決に向けて、経路探索エンジンの研鑽を重ね、より安心・安全で快適な移動をしていただける社会の実現に貢献してまいります」としています。

【了】

【画像】デマンド対応 MaaSアプリ操作イメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント