京阪「プレミアムカー・ライナー」キャッシュレス券売機で利用可能に ポイント還元も開始へ

駅で購入しやすくなりますが、ネット予約だと少しお得になります。

Large 201222 liner 01
「ライナー」に使用される8000系電車(画像:京阪電鉄)。

 京阪電気鉄道は2020年12月17日(木)、座席指定特別車両「プレミアムカー」および全車両座席指定列車「ライナー」の乗車券について、ホームに設置されるキャッシュレス券売機での購入が可能になること、ネット予約によって還元が行われるポイントサービスを開始することを発表しました。

 これまで座席指定券「プレミアムカー券」「ライナー券」は、予約専用サイトでのクレジットカード購入、および駅の窓口での現金購入のみとなっていました。今回導入されるキャッシュレス券売機では、PiTaPaやICOCAなど交通系ICカードをはじめ、クレジットカード、電子マネー、QR決済などにも対応しており、購入しやすくなります。

 キャッシュレス券売機の運用開始は、2021年1月31日(日)の予定です。

 同時に、新ポイントサービス「京阪プレミアムカークラブ」が開始されます。これは、予約専用サイト「京阪プレミアムカークラブ」で座席指定券を予約した際、購入金額の1%~10%(列車の時間帯によって変動)分のポイントが付与されるものです。

 たまったポイントは、「京阪プレミアムカークラブ」での座席指定券の購入時に、1ポイントあたり1円として利用が可能となります。

 また、e-kenet VISA カード会員は、「おけいはんポイント」をプレミアムカークラブのポイントに交換することができます。なお今回の新ポイント開始に伴い、月間の乗車実績に応じて付与されるおけいはんポイントの付与率は、10%から1%に変更となります。

 1月31日のダイヤ改正にともない、「ライナー」は増発。「プレミアムカー」は運用拡大され、昼間の特急が原則すべてが「プレミアムカー」付き車両となります。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント