「緊急事態、関係ない」ガソリン価格下がらぬワケ 10か月ぶり高値 まだ上がる?

ガソリン価格が7週連続で上昇しています。新型コロナウイルスの影響にともなう1度目の緊急事態宣言の際は、需要の減退もありガソリン価格も右肩下がりでしたが、今回の緊急事態宣言では、様相が違うようです。

ガソリン価格 1度目の緊急事態宣言前の水準に

 一部地域に2度目の緊急事態宣言が発出された2021年1月現在、外出の自粛が呼び掛けられ、飛行機なども相次ぎ減便していますが、ガソリン価格は上昇し続けています。

 資源エネルギー庁が2021年1月14日(木)に発表した石油製品の価格調査結果によると、1月12日(火)時点におけるレギュラーガソリンの店頭における現金小売価格の平均は、1リットルあたり136.5円。値上がりは7週連続で、10か月前、2020年3月23日調査以来の高値水準だといいます。

Large 210115 gas 01
ガソリン価格が上昇し続けている。写真はイメージ(中島洋平撮影)。

 10か月前は、新型コロナウイルスの影響でガソリン重要が急激に落ち込んだこともあり、価格は右肩下がりの状況でした。直近の最高値である2020年1月の150円台から下がり続け、緊急事態宣言中の5月ゴールデンウイーク中、124.8円で下げ止まり。そこから上がったり、下がったりして現在に至ります。

 そして迎えた今回の緊急事態宣言。資源エネルギー庁の調査を受託している石油情報センターによると、やはり「ガソリンの需要は動いていません」といいます。ではなぜ価格が上がり続けているのでしょうか。

【1月最新版】ガソリン最安県は? 都道府県別価格ランキング

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント