なぜ長距離型の「ER」? 謎多きB767「AIRDO初号機」の機内を巡る 懐かし装備も

機内も特徴的! レトロ感もそこらじゅうに

 当時国際線展開も目指していたAIRDOが導入した初号機、JA98ADは、飛行機のサイズのわりにトイレの数が多く備わっているのが特徴といいます。ほかの航空会社の767-300シリーズのトイレの数は4つから5つというのが多いなか、この初号機のトイレの数は7つ。同社によると、このトイレの数は「国際線展開を検討していたときの名残り」なのだそうです。

Large 210121 98ad 02
AIRDO初号機「JA98AD」の客室(2021年1月20日、乗りものニュース編集部撮影)。

 そしてこの機体の大きさのわりに多いトイレなどを始めとして、JA98ADは客室にも「前世紀出身の飛行機」ならではのレトロ感がありました。

 シートは、薄型の背もたれがトレンドとなっているなか、ラストフライトまで厚みのあるものを使用。ひじ掛け部分には、「灰皿」らしきフタが残っていました。シートリクライニングの動き方も、近年のものより豪快なのは特徴といえるのかもしれません。

 客室上部の大型モニターはプロジェクター式で、荷物棚の形状も異なります。トイレの水を流すスイッチも押しボタン式ではなくレバー式で、洗面台の蛇口脇にあるレバーも現行の大手航空会社でよく見るタイプとはだいぶ違ったものを備えていました。

 AIRDOの歴史とともに22年間歩んできた初号機は、同社の歴史を感じさせるものであるだけではなく、平成でスマート化した旅客機の客室事情をも反映していたといえるでしょう。

【了】

写真で解剖! 謎多き767「AIRDO初号機」の機内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント