「AIRDO初号機」最終便の機内の様子は? 「歴史を創った」767 最後の日を追った

北海道を拠点とする航空会社AIRDOにおいて「歴史を創った機体」といえる初号機「JA98AD」が退役。商用運航の最後の日、ラストフライトまでを追いました。新千歳空港、羽田空港、そして機内では、いつもと違った光景が広がっています。

前世紀デビューの767「JA98AD」

 北海道を拠点とする航空会社、AIRDOが2021年1月20日(水)の新千歳発羽田行きADO20便をもって、1998(平成10)年12月20日デビューの同社初号機、「JA98AD(機種:ボーイング767-300ER)」を退役させました。

Large 210119 ado 01

拡大画像

ADO20便として羽田空港に到着したボーイング767「JA98AD」(2021年1月20日、乗りものニュース編集部撮影)。

 AIRDOは、1996(平成8年)に「北海道国際航空株式会社」として発足、1998年に新千歳~羽田線で運航をスタート。以来、国内線の一大幹線といえる東京~北海道間の航空路を、大手航空会社より手ごろな運賃設定などを武器に拡充してきました。その中心を担ったのがJA98ADといえるでしょう。よって同社は、この機体を「AIRDOの歴史を創った機体で、歴史そのもの」と表現しています。

 AIRDOによると、JA98ADの退役は当初は、もう少し後になる予定だったといいます。それが「新型コロナウイルス感染拡大などの影響で、コスト削減の一環」によって、若干早まったとのこと。

 それでも退役に先立ち同社では、退役プロジェクトと称する公式Twitterアカウントを開設。同機を“擬人化”させ、導入されてからの経緯などを、往年の機体デザインの写真などを交えて紹介しています。また、退役までにボーイング767型機が投入されている羽田~新千歳、旭川、函館の各線における一部便では、復刻フライトも実施。対象便ではCA(客室乗務員)が初代制服「サロペット」を着用したほか、搭乗記念品なども配られました。

 こうして迎えたJA98ADのラストフライトを始めとする、最後の一日はどのような様子だったのでしょうか。

「AIRDO初号機」最後の1日を写真でサッと見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント