第二京阪下り京都側の長期通行止め26日終了 新設の「鴨川西本線料金所」運用開始

料金所の移設が完了します。

山科ICの料金所を撤去

Large 210203 e89tg 01
料金所移設の概要(画像:NEXCO西日本)。

 NEXCO西日本関西支社は2021年2月2日(火)、本線料金所を新設するため通行止めにしている第二京阪道路下り(大阪方面)の鴨川東IC~鴨川西IC間について、新料金所とともに2月26日(金)に運用を開始すると発表しました。

 この区間は2020年4月1日から長期にわたり終日通行止めになっています。期間中、山科ICにあった料金所は撤去され、鴨川西IC付近の本線に移設。26日(金)朝6時に通行止めが解除され、鴨川西本線料金所として料金の徴収が始まります。

 なお、通行料金に変更はありません。

 阪神高速8号京都線だった山科IC~巨椋池IC間のうち、新十条通(稲荷山トンネル)にあたる山科IC~鴨川東IC間は京都市に移管され2019年4月に無料開放されました。油小路線の区間にあたる鴨川東IC~巨椋池IC間はNEXCO西日本に移管され、同じく2019年4月から第二京阪道路の一部として管理されています。

【了】

【写真】撤去した料金所、新設した料金所

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント