名阪国道「有料化」議論なぜ? 奈良県が主張 名阪間最安ルートならではの問題点

三重県と奈良県を結ぶ名阪間の大動脈「名阪国道」。両端で接続する東名阪道と西名阪道は有料ながら名阪国道は無料でこのルートは「名阪間最安」ですが、それによる問題も発生。奈良県が国へ、有料化も視野に対策を求めています。

死亡事故率ワーストの自動車専用道路

 三重県と奈良県の山間部を貫く国道25号「名阪国道」(73.3km)は、両端で東名阪道、西名阪道に接続し、名阪間の大動脈を構成しています。しかし、東名阪道と西名阪道はNEXCOの管理で通行が有料なのに対し、中間の名阪国道は半世紀前の開通時から無料です。

 このことで奈良県が「様々な問題を抱えている」として、名阪国道へ部分的に通行料金を設定する施策の実施や、危険箇所を回避する別線の整備など、名阪国道のあり方について「抜本的見直し」を国へ要望しています。

Large 191023 meihan 01
物流の大動脈として大型車の通行が多い名阪国道(画像:北勢国道事務所)。

 問題のひとつは、名阪国道経由が「名阪間最安ルート」であるがゆえ、大型車の通行が多いことです。大型車で名古屋近郊から大阪近郊へ向かう場合、ルートにより次のような料金差が存在します。

・名神高速経由:6950円(一宮IC~吹田IC)
・新名神高速経由:7840円(飛島IC~第二京阪門真IC)
・名阪国道経由:3540円(飛島IC~松原IC)
※通常料金。区間は国土交通省の資料に基づく。

 名神・新名神経由と比べて大幅に安い名阪国道ルートは、大型車の混入率が50%を超え、奈良県によるとその6割は県内を通過するだけだそうです。加えて名阪国道は急カーブや急勾配が多く、死亡事故率も全国ワーストといわれる状況です。

【路線図】名阪間「最安」名阪国道 名神や新名神とどう違う?

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191023 meihan 03
  • Thumbnail 191023 meihan 04
  • Thumbnail 191023 meihan 01
  • Thumbnail 191023 meihan 02

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 高い方に合わせる必要ないだろ
    安い方に合わせろ
    高速道路は将来無料化という約束を破った国が悪い

  2. 大型車だけでも?考えの根源がトチ狂ってるな
    元々は原則無料にウッチャリ食らわした政府が今度は混在区間を有料にイテマエ誘導ですか?

  3. 根本対策にはならないけど、
    天理IC〜郡山下ツ道JCT間だけでも無料化したら、下道経由から名阪国道〜西名阪〜京奈和道の利用へのシフトが増えて、かなり改善するんじゃないのかな?
    北行き、西行きの課題は残るけど。

  4. まさに、山陰道
    最近、鳥取道と繋がり
    山陰道の通行量が飛躍的に増えた
    以前は9号を走らなければならず
    鳥取バイパスは2車線だけど
    逆にバイパスから9号になるところで
    何時も大渋滞だった
    無料「山陰道」として無料の鳥取道から
    米子までは無料
    しかし、松江の辺りは
    自動車専用道路「山陰道」だから
    有料と無料が入り交じり
    使い勝手が悪い