球磨川にかかる国道橋など3本 5月末までに仮橋設置 豪雨被災の100kmで復旧事業進む

通学路など生活道路機能が回復します。

約100kmで災害復旧事業が進行中

Large 210203 kumabr 01

拡大画像

県道325号線にかかる相良橋。画像は復旧後のイメージ(画像:九州地方整備局)。

 国土交通省九州地方整備局は、2020年の「令和2年7月豪雨」により流出した球磨川にかかる道路橋3本ついて、2021年5月末までに仮橋設置が完了する見込みとしています。

 橋は国道219号の鎌瀬橋、県道の相良橋、坂本橋の3本です。工事完了により通学路や生活道路としての機能が回復します。

 このほか球磨川では、流失した橋梁10本を含む約100kmについて、引き続き災害復旧事業が進められています。

【了】

【地図】球磨川流域の流出した橋梁などの位置関係

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 道路橋だけですよね?