ボーイング 737型機の新たな生産ラインをインドの合弁工場に新設

インドの航空宇宙分野の成長は著しいですね。

「アパッチ」攻撃ヘリの生産工場を増床

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングは2021年2月5日(金)、インドの一大企業であるタタグループとの合弁会社「タタ・ボーイング航空宇宙リミテッド」(TBAL)に、ボーイング737型機用の新たな生産ラインを設けると発表しました。

 TBALはインド中南部のテランガーナ州ハイデラバードにあり、インド空軍向けのAH-64E「アパッチ」攻撃ヘリコプターの構造材などを生産しています。

Large 210206 tbal 01

拡大画像

インド海軍が使用するP-8I哨戒機。同機はボーイング737がベース(画像:ボーイング・インディア)。

 新設される生産ラインでは、ボーイング737型機の垂直尾翼を製造するとのことで、これに関してタタ・アドバンスト・システムズのマネージング・ディレクターを兼ねるスカラン・シン最高経営責任者(CEO)は、「ボーイング737型機の複雑な垂直尾翼を新たな生産ラインで供給できるようになるのは、ボーイングと提携してきたなかで、一つのランドマークです。複雑な垂直尾翼が製造できるようになることで、インドの航空防衛産業の自立と成長へ貢献するものとなります」と述べています。

 なおボーイングは、最先端のロボット工学や自動化を新たな生産ラインに導入するとともに、テランガーナ州のハイテク製造に関する雇用の増大に貢献していくとのことです。

【了】

【写真】インド国内で生産されるAH-64E「アパッチ」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント