大日駅で可動式ホーム柵が稼働開始 大阪モノレール

腰高タイプです。

ホーム柵はセンサで自動開閉

Large 210218 jrdoor 01
万博記念公園の脇を走る大阪モノレール(画像:photolibrary)。

 大阪モノレールの大日駅(大阪府守口市)で、2021年2月20日(土)の始発から可動式ホーム柵が稼働しています。

 ホーム柵は開口部が約2m、高さが約1.35mです。駅設備側のセンサで、ドア部分を自動開閉します。

 可動式ホーム柵は、島式ホームの両側1・2番線に設置されています。

【了】

【写真】稼働中の可動式ホーム柵

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. この調子でゆくゆくはどこの路線のものもフルハイトのホームドアになれば冷暖房が効いてよいと思います。