NASAに“魔改造”された「ダグラスDC-8」整備終え1年ぶりに復活 機齢は50年以上も現役

NASAの引き出しは「チョロQジャンボ」だけじゃない…。

1969年製造のDC-8-72

 NASA(アメリカ航空宇宙局)保有のマグダネルダグラス(現ボーイング)DC-8型機が2021年1月にメンテナンスを終え、運用に戻っています。

Large 210218 dc8 01

拡大画像

NASAのDC-8(画像:NASA)。

 DC-8シリーズは、ジェット旅客機草創期に開発された4発機。シリーズ累計556機が製造されましたが、大半はすでに現役を退いています。ちなみにJAL(日本航空)でも主力機として導入されていたものの、1988(昭和63)年に全機が退役済みです。

 NASAのDC-8-72は1969(昭和44)年に製造され、1985(昭和60)年に同局に引き取られたもの。機体は「飛行科学研究所」として改造されており、考古学、生態学、地理学、水文学、気象学といった分野における、実験用データの収集などに使用されているとのことです。

 同局によると、メンテナンスは約1年を要し、エンジン4つすべてのオーバーホールなどが実施されたとのことです。

【了】

【マジで飛んでる…】貴重すぎる!? DC-8コックピット&全景

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント