都道「補助230号」3月延伸 大江戸線延伸部の地上道路

ちょっとだけ先行開通します!

地下に大江戸線を通す道路

Large 210219 oedo 01

拡大画像

開通直前の現地(画像:東京都建設局)。

 東京都建設局は2021年2月18日(木)、練馬区内で事業を進めている都市計画道路「補助230号線」の一部を3月20日(土)に交通開放すると発表しました。

 開通するのは練馬区土支田の土支田通りから、大泉町の別荘橋通りまでの250mです。事業区間自体は土支田通りから外環道までの850mとされており、一部が先行開通する形です。外環道までの開通は2021年度に予定されています。

 この補助230号は、練馬区や東京都が検討している都営大江戸線の延伸部(光が丘~大泉学園町)の地上道路に当たります。すでに補助230号が開通している土支田地区では、沿道に土支田駅(仮称)の建設予定地が確保されています。

 なお、補助230号線は外環道から大泉学園通りまでの区間、大江戸線の延伸予定ルートでいうと大泉町~大泉学園町間(いずれも駅名は仮称)も事業が進んでいます。

【了】

【地図】開通区間の位置

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 元大泉町の住人です。元といっても大泉にも自宅があるのでいずれは戻る予定です。
    今回の開通区間ですが、土支田通りの交差点から別荘橋通りの分岐点(別荘橋に向かって下り坂になるところ)までだとすると、距離は250mもなく200m弱くらいかと思います。