東急 テレワークに付加価値 シェアオフィス「NewWork」利用者に地域限定クーポン配信

京急関連のクーポンも配信されます!

テレワークの休憩時間や終業後の利用に便利

 東急が2021年2月26日(金)、法人企業向け会員制サテライトシェアオフィス事業「NewWork(ニューワーク)」において、会員限定クーポンの配信を3月1日(月)から開始すると発表しました。

 対象となるNewWork店舗を利用した会員に対して、NewWorkのスマートフォンアプリから利用店舗付近の地域限定クーポンを配布するもの。カフェ、ホテルレストラン、フィットネス(ジム・プール)、美容院のサービスなど、オリジナルのお得な内容を用意するといいます。

Large 210227 newwork 01
東急田園都市線の2020系電車と大井町線の6020系電車(2018年2月、草町義和撮影)。

 東急は、テレワークの休憩時間や終業後に利用できるお得なクーポンを配信することで、会員のテレワーク先での新たな過ごし方を提案し、NewWorkならではのテレワークの付加価値を提供するそうです。

 また、ビジネスパーソンをターゲットとした地域店舗の新たなビジネスチャンスに貢献し、地域活性化を目指すといいます。

 東急は2016年4月から「NewWork」事業を展開。2021年2月時点で全国に直営店・提携店が合計226店舗。会員企業数は450社以上とのこと。

 NewWork直営店・提携店を月10日以上利用した会員にはスペシャルクーポンも配信され、初回の4月配信分は「京急油壺マリンパークの入園チケット(大人1名分)」だそうです。

【了】

【地図】東急沿線に限らない「NewWork」どこにある?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント