酒蔵選びも「こだわり」 晩酌もできるANA流のオンライン「焼酎ツアー」 宮崎を舞台に

舞台の酒蔵は、初の一般公開だそうです。

「常時観光客が入っているところではなく」

 ANA(全日空)グループの旅行代理店ANAセールスが2021年2月27日(土)、「ANAトラベラーズオンラインツアー」の第4弾として、宮崎県都城市を舞台とした「酒造オンライン見学ツアー」を実施しました。

Large 210228 ana 01

拡大画像

ANAセールスが実施した「酒造オンライン見学ツアー」の様子(画像:ANA)。

 今回は、8年連続焼酎売上高日本一の焼酎メーカーがある宮崎県都城市最古の焼酎蔵、柳田酒造が舞台。ツアーは、オンライン会議ツール「Zoom」を用います。なお、同社が一般見学を実施するのは、今回が初とのことです。

 そして今回の工場見学は、「酒蔵見学」だけではありません。参加者には配信開始前までに、柳田酒蔵から、焼酎の試飲セットやおつまみが届きます。試飲セットは、それぞれ個性の異なる4種類の焼酎が200mlづつの瓶に入っており、おつまみは鶏と豚のそぼろの缶詰。参加者は、柳田酒造のお酒で晩酌しつつ、配信を楽しむことができます。

 このほか、チャット機能を用いて酒蔵の担当者へ質問もでき、配信の後半には、柳田酒蔵直伝の「おいしい焼酎の作り方」の説明も実施。今回の参加者は50人程度でしたが、これは参加人数の上限で、「完売」となりました。この人数を上限としたのは、「双方向のコミュニケーションが取れること大切にしたため」とANAセールスの担当者は話します。

 また、柳田酒蔵を舞台としたのもANA流のこだわりがあるとも。「都城市には、ほかにも大手の焼酎メーカーはあるのですが、ANAセールスが紹介するのであれば、常時観光客が入っているようなところではなく、地域密着で手作りにこだわっているところや、思いが強いところを選びたいと思い、柳田酒蔵さんにご協力いただきました」(ANA総合研究所の担当者)。

 なお、新型コロナウイルス感染拡大によって平時より旅行のハードルが大きく上がるなか、ANAグループではこういった「オンラインツアー」の取り組みを不定期で実施。都城市での「酒造オンライン見学ツアー」は、21日(日)にも実施されており、このときは、手作りのお酒造りをセールスポイントとする、大浦酒造を舞台としています。

【了】

【写真レポ】ツアーの目玉「焼酎セット」と配信の裏側

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント