13時間超え夜行バス1年ぶり復活! 酒田・鶴岡~京都・大阪線 庄内交通&南海

関西の緊急事態宣言解除を受けて復活です!

日本海縦断! 800km超え夜行バス

Large 210304 yuhi 01
庄内交通の大阪線「夕陽号」車両(庄内交通Instagramより)。

 新型コロナウイルスの影響で約1年間運休していた長距離夜行バスの復活です。庄内交通と南海バスが2021年3月18日(木)出発分から、山形県の酒田・鶴岡と京都・大阪・USJを結ぶ便の運行を再開します。

 庄内交通は「夕陽号」、南海バスは「サザンクロス号」の愛称で運行する同路線は、新型コロナウイルスの影響による利用減を受け、2020年3月から運休していました。路線距離は800kmを超え、始発地から終着地までの運行時間は、酒田行きが13時間25分、大阪行きが13時間50分となっています。

 今回の運行再開は、大阪など6府県の緊急事態宣言が2021年2月末に解除されたことを受けてのことです。一方、庄内交通が国際興業と共同運行する酒田・鶴岡~東京線も、3月11日(木)からの再開が予定されていましたが、首都圏における緊急事態宣言の延長が発表されたことを受け、3月4日(木)現在、庄内交通は再開について「検討中」としています。

【了】

【画像】13時間超え夜行バスの車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ちなみに翌日からは堺・大阪・京都~柏崎・長岡・三条(南海バス・越後交通共同運行。京阪バスでも予約・購入が可能、なお大阪・京都~鶴岡・酒田線も京阪バスで予約・購入可能)も運行再開です(ソース:南海バス)。