阪神高速に「高石PA」誕生 旧本線料金所に「細長いPA」

無人ですが、軽食が購入できます。

料金所の跡地を活用して設置

Large 210303 hanshin 01

拡大画像

4号湾岸線北行きにオープンする高石PAのイメージ(画像:阪神高速)。

 阪神高速は2021年3月5日(金)、高石PAが3月30日(火)午前11時にオープンすると発表しました。

 高石PAは4号湾岸線北行きの浜寺IC~助松IC間にあった、高石本線料金所(大阪府高石市)の跡地にオープンします。膜天井による高さのある開放的な空間や、緑化された屋上が特徴。施設は無人で、トイレのほか、サンドイッチやおむすび、デザートなどを扱う自販機コンビニなどが設置されます。防災施設の機能があり、緊急資材の備蓄、避難車両の滞留スペースが確保されています。駐車場は、小型24台、大型10台、身体障害者向け2台です。

 阪神高速では今回の高石PAのほか、南行きの泉大津本線料金所を廃止予定。跡地には大型車専用のPAが新設予定となっています。また5号湾岸線には東行きに「新中島PA(仮)」が新設予定です。

【了】

(※一部修正しました(3月6日17時30分)。

【画像】細長~いPA

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント