ANA名物「巨大機A380で遊覧飛行」が“名阪進出”! 4月に関西&中部でも遊覧実施へ

セントレアと関空にホヌ出現はめっちゃ新鮮な絵ですな!

成田ではオプションプランも

 ANA(全日空)は2021年3月8日(月)、総2階建てのエアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU)」を用いた同一空港発着の遊覧チャーターフライトを、4月に従前の成田にくわえ、関西空港、中部空港でも実施すると発表しました。

Large 210309 a38 01

拡大画像

成田発着の遊覧チャーターに出発するエアバスA380「フライングホヌ」1号機(2020年8月、乗りものニュース編集部撮影)。

 遊覧チャーターは4月11日(日)に成田空港発着で実施ののち、関西空港発着で17日(土)と18日(日)に、中部空港発着で24日(土)と25日(日)に計画されています。計5回のフライトは、いずれも約3時間半の飛行時間を予定しているとのこと。機内では食事やスペシャルドリンクなどが提供されるほか、「様々なおもてなしでご搭乗をお待ちしています」(ANA)としています。

 1人あたりの利用料金は、座席ごとに異なるものの、成田発着は3万4000円(エコノミー、通路側)から10万2000円(ファーストクラス)まで。関西発、中部発は、各料金ともに成田発着より1万円アップとなります。

 一方成田空港では、通常の遊覧チャーターにくわえ、一般公開していない空港エリアをバスで巡るオプショナルプラン(参加料1万円)も用意。「空港全体を360度見渡せたり、国内最長4,000mの滑走路のそばで大迫力の離陸を楽しめる」(ANA)としています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント