西武「レッドアロークラシック」4月29日で定期運行を終了 「ラストラン」ロゴ掲出

西武線の特急電車「レッドアロークラシック」が、定期運行を終了することになりました。キャンペーンが実施され、記念乗車券やグッズの発売、「ラストランロゴ」を掲出しての運転も行われます。

西武線で9年半の活躍

 西武鉄道が2021年3月19日(金)、10000系電車「レッドアロークラシック」の定期運行を4月29日(木・祝)で終了すると発表しました。

Large 210319 rac 01
定期運行を終了する「レッドアロークラシック」(画像:西武鉄道)。

「レッドアロークラシック」は、10000系電車「ニューレッドアロー」(10105編成)を初代「レッドアロー」5000系電車の塗色に変更したもので、2011(平成23)年11月に登場。特急電車として初めて拝島線・国分寺線内で運行される、新型特急電車「Laview」のお披露目イベントで並んで展示されるなどし、多くの人々に親しまれてきたといいます。

 定期運行の終了にともない、西武鉄道は「レッドアロークラシック ラストランキャンペーン」を実施。記念乗車券や記念オリジナルグッズが発売されるほか、「ラストラン」のロゴを掲出しての「レッドアロークラシック」運行も行われます。

【了】

【車両に掲出されます】「レッドアロークラシック」の「ラストランロゴ」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント