新大阪~博多が約7000円おトク 週末限定「新幹線 直前割きっぷ」e5489で販売 JR西日本

「こだま」と一部の「ひかり」を利用できます。

予約後の変更は一切不可

Large 210319 chokuw 01
山陽新幹線で使われているN700系電車(画像:photolibrary)。

 JR西日本が2021年3月30日(火)から6月26日(土)まで、「新幹線 直前割きっぷ」を販売します。これはJR西日本ネット予約「e5489」のみで購入できる、山陽新幹線の乗車券と指定席特急券がセットになったきっぷです。

 利用期間は、2021年4月2日(金)から6月27日(日)までの金曜日と土休日、および5月6日(木)。販売期間は乗車日3日前の午前5時半から前日の23時半までです。指定席の設定がある「こだま」と一部の「ひかり」を利用できます。

 例えば新大阪~博多間を新幹線で移動すると、通常期の大人片道で1万5280円かかりますが、「新幹線 直前割きっぷ」では8400円です。子ども料金の設定もあります。

 なお予約後は、利用日や区間の変更は一切できません。

【了】

【表】「新幹線 直前割きっぷ」各駅発着の値段

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント