近鉄特急「アーバンライナー」で貨客混載 福山通運タッグ 名阪間の当日配送を安価に

これは速い!

夏頃を目途に実施

Large 210329 kintetsu 014
アーバンライナーnext(左)、アーバンライナーplus(画像:近畿日本鉄道)。

 近畿日本鉄道と福山通運は2021年3月29日(月)、近鉄が大阪難波~近鉄名古屋間で運転する名阪特急「アーバンライナー」を使用した貨客混載事業を、本年夏頃をめどに実施することで合意したと発表しました。今後、国土交通省に対し物流総合効率化法に基づく総合効率化計画の認定申請を行うとしています。

 対象の列車は名阪特急のアーバンライナーnextおよびアーバンライナーplus。たとえば大阪市内で午前中に集荷した荷物を大阪難波駅から列車に載せて、名古屋市内へ当日中に配送可能だそうです。

 これまで名阪間の輸送は、翌日以降に配送するサービスが主流であり、当日中に配送するにはトラックなどをチャーターする方法が一般的だったといいます。列車の活用で当日配送が安価に実現でき、荷主の利便性を向上させるとのこと。主な顧客ターゲットとして、名阪間での工業製品・部品、日用品や衣料品といった商品を配送する事業所間を想定しているそうです。

 鉄道を有効利用する運送サービスのため新たな投資を要さず、トラック配送と代替することでCO2排出量の削減につながるほか、安定した輸送ルートの確保やドライバー不足対策などさまざまな効果が期待できるということです。両社はこの事業について「新たなビジネスチャンスとなるだけでなく、SDGsが目指す持続可能な社会の実現にも貢献できるものと考えています」としています。

【了】

【画像】名阪特急を活用した貨客混載のイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント