貨物列車は何を運んでいるのか コンテナの中身は? 牛乳 自衛隊車両 ゴミを運ぶことも

たくさんのコンテナを連ねて走る貨物列車。いったいどこで積み下ろしをして、何を運んでいるのでしょう。工業製品のほか日用品など、意外と身近なものが貨物列車で輸送されています。珍しいものでは自衛隊車両も運びます。

貨物列車には専用の駅がある

 旅客列車にはたいてい行先が表示され、その列車がどこに向かうのかがわかります。しかし貨物列車には行先表示もなければ駅の時刻表にも表示されません。いったい貨物列車はどこからどこに向かって、何を運んでいるのでしょう。

 実は貨物列車にも「貨物駅」と呼ばれる駅があります。貨物列車で荷物を運ぶ場合は、JR貨物にコンテナの手配を依頼して貨物駅に荷物を持ち込むと、目的地に向かう貨物列車に荷物を載せ、目的地に近い貨物駅まで運んでくれます。貨物駅から目的地までは改めてトラックを手配して輸送します。

Large 191130 jrf 02

拡大画像

コンテナ貨車をけん引するJR貨物のEF200形電気機関車(画像:photolibrary)。

 現在の貨物輸送はコンテナを利用するのが中心で、JR貨物ではコンテナ1個から輸送を受け付けています。12ftコンテナと呼ばれる標準的なコンテナには、5tの貨物を収納できます。5tの貨物となると個人にはあまり利用機会がないように思われますが、遠距離の引っ越しでは鉄道貨物を利用するケースも珍しくありません。

 輸送する製品が定期的に発生する工場や製油所、鉱山などでは、直接その敷地内に線路を引き込み、施設の近くまで貨物列車が乗り入れます。この場合は貨物駅を介さずに、工場などから製品が直接発送されるのです。

 現代の貨物列車は、旅客駅で貨物の積み下ろしを行うことは原則としてありません。もし駅のホームに貨物列車が止まっている場合は、ダイヤの都合で一時的に停車しているケースです。

【写真】「電車」が貨物列車の荷物になることも

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント