改札にVisaカードを直接ピッ! 南海が16駅で大手私鉄初展開 PiTaPa・ICOCAのライバルに?

南海電鉄の16駅で自動改札に「Visaのタッチ決済」を導入する実証実験が始まります。同社は交通系ICカードの「PiTaPa」や「ICOCA」などにすでに対応していますが、そのうえで、クレジットカードの新しい決済方法をさらに導入する背景とメリットがありました。

南海電鉄の16駅で実証実験

「Visaのタッチ決済」に対応した自動改札機が南海電鉄の駅に登場。クレジットカードのVisaカードを改札にタッチして通過する実証実験が2021年4月3日(土)から始まります。

 南海電車に乗るとき、交通系ICカードは後払い式の「PiTaPa」や前払い式の「ICOCA」などが使えますが、今回新たにクレジットカードの「Visaカード」が加わります。駅の改札で「Visaのタッチ決済」による区間利用の運賃支払いは日本初といいます。

 ではなぜ、交通系ICカードが十分に普及し定着しているにもかかわらず、南海電鉄はそれとは別の決済方法を追加しようとしているのでしょうか。

Large 210330 nnkivisa 01

拡大画像

「Visaのタッチ決済」で改札を通過(画像:南海電鉄)。

「Visaのタッチ決済」は、暗証番号の入力やサインをする代わりに、カードを端末にタッチするだけで決済できるサービスです。対応するカードは、同心円状の扇形の印が券面に付いています。世界規模で導入が急速に進んでおり、日本では対応するカードがすでに3670万枚以上発行されています(2020年12月末現在)。

 実証実験は、「Visaのタッチ決済」機能のあるカードやスマートフォン、ウェアラブル端末を入場時と出場時に専用改札機にかざすと、乗車区間の運賃がその都度決済されます。クレジットのほか、Visaデビットやプリペイドのカードもマークがあれば利用が可能。もちろん、タッチ決済で改札を通る際に暗証番号の入力やサインは不要で、交通系ICカードと同様、カードをタッチするだけです。

 実施駅は南海電鉄の16駅。難波、新今宮、天下茶屋、堺、和歌山市、関西空港、河内長野、橋本といった主要駅のほか、本格運用を見据え九度山、高野下といった無人駅も選ばれました。

【写真】既存タイプと少し違う「Visaのタッチ決済」専用改札

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント