通勤ラッシュってまだあるの? 東京メトロの朝 1年で様変わり

新型コロナウイルスの流行から1年が経過し、テレワークなども定着するなか、朝の通勤ラッシュはどう変わったでしょうか。東京メトロへの取材から、具体的な数字とともに、ある傾向が見えてきました。

コロナ前は平日5日間で計144万人 朝ラッシュの2時間

 新型コロナウイルスの流行から1年以上が経過し、テレワークなどの働き方も定着しました。朝の通勤電車が以前より空いたと感じる人もいれば、変わらないと感じる人もいるかもしれません。今回、東京メトロへの取材で、具体的な数値とともに人の動きの変化がわかりました。

 東京メトロではかねてから、混雑緩和のため「オフピーク通勤」を促す様々な施策を行ってきました。このピーク時間帯は、7時30分から9時30分までの2時間とされています。ピークの2時間と前後の1時間で利用者数がどう変化したか、まずコロナ前の輸送状況を見てみましょう。

Large 210401 metro 01
鉄道朝ラッシュのイメージ(画像:photolibrary)。

●2020年2月第1週目の平日(2月3日~7日)
・6時30分~7時29分:約22万人
・7時30分~9時29分:約144万人
・9時30分~10時29分:約40万人
※利用者数は東京メトロ全線、5日間の合計。以下同。

 この後、1度目の緊急事態宣言が発出されていた2020年5月に、ピーク時間帯の利用者数が前年比で40%まで減り、そこから徐々に利用者数が増えていました。2度目の緊急事態宣言が発出される前、感染者の増加で「第3波」が懸念され始めた2020年11月末から12月初頭の利用状況は、次の通りです。

●2020年12月第1週目の平日(11月30日~12月4日)
・6時30分~7時29分:約20万人
・7時30分~9時29分:約102万人
・9時30分~10時29分:約28万人

【グラフ】東京メトロ線 朝の利用状況の変化

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 刻みが中2時間なのが残念ですね。 
    よく最混雑1時間あたりという言葉がありました。その1時間が例えば30分だったらやはり多くの人が自分に都合がいいように出勤して相変わらず集中混雑していた、なんてことはないとは思いますが…

  2. 前後時間帯はそもそも母数が少なく、減少率で言ってもたかが知れてる。
    ピーク時間帯の利用客がごそっと居なくなった事が大きい。
    そもそもコロナ渦により東京都の人口減少が進み、23区は周辺と比べ大きく減少してる。
    アフターコロナの時代を考えると、輸送力増強より減便の時代に入った感じ。

    首都直下でも衰退が始まった。

  3. 前1時間の減少が小幅なのは、ピーク2時間からの移転だけでなく、
    テレワークできない職種の始業が早い傾向があるというのもありそう

  4. コロナが終わっても10年後ぐらいしたらマーズやサーズがまた出てくるかもしれない。
    その時に防げるかどうかは分からない。これを機に本格的に郊外に移住するのも手。
    ただし神奈川・埼玉・千葉県内。隣接3県でも圏央道沿線ぐらいまで行けば十分田舎暮らしは出来る