トヨタ「高速は手放し可」の高度運転支援機能発表 新型LS・MIRAIに搭載 その実力

トヨタが新たな高度運転支援機能「Advanced Drive」を発表。レクサス「LS」とトヨタ「MIRAI」に搭載し発売します。高速道路ではドライバー監視のもと、システムが車線や車間の維持、分岐、車線変更、追い越しなどを行いつつ走ります。

自動運転レベル2に相当 ソフトは無線更新可

 トヨタが2021年4月8日(木)、高度運転支援技術「Toyota Teammate/Lexus Teammate」の新機能「Advanced Drive」を発表しました。レクサス「LS」とトヨタの燃料電池自動車「MIRAI」の新型に搭載し、4月に発売します。

Large 210408 tytadvncddrv 81r

拡大画像

高度運転支援機能「Advanced Drive」を搭載した新型「LS」と新型「MIRAI」(画像:トヨタ)。

 Advanced Driveは、高速道路や自動車専用道路の本線走行を支援するシステムです。ナビゲーションで目的地を設定すると、ドライバー監視のもと、システムが実際の交通の流れに応じて、認知、判断、操作を支援しながら、車線や車間の維持、分岐、車線変更、追い越しなどを行いつつ走ります。この間、ドライバーは常に前方を見る必要がありますが、ステアリングやアクセル、ブレーキの操作からは解放されます。システムは、運転の主体がドライバーである自動運転レベル2に相当します。

 Advanced Driveは、技術的な特徴として、Intelligent(知能化)、Reliable(信頼性)、Perceptive(高い認識性能)、Interactive(ドライバーとクルマの対話)、Upgradable(ソフトウェアアップデート)という5つを備えています。

 これらの特徴のベースとなっているのは「人に寄り添った運転支援」という考え方です。トヨタのチーフテクノロジーオフィサーである前田昌彦さんは、報道機関向けの説明会で「安心して自分の運転を任せられる、使っていただけるシステムかどうか、ということにこだわって開発しています」と説明します。

新型「LS」「MIRAI」を写真でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 段々とクルマに任せられる部分が増え、いつかは「酒気帯び可」も実現するのだろうか