札沼線の新駅「ロイズタウン駅」に決定 ほか2駅も「太美」「当別」に改称 JR北海道

英語表記は「ROYCE’ Town」です

いよいよ工事に着手

Large 210413 eki 01
札沼線に開業予定の「ロイズタウン駅」(画像:JR北海道)。

 JR北海道は2021年4月14日(水)、札沼線のあいの里公園~石狩太美間に設置予定の新駅の名称を「ロイズタウン」に決定、工事に着手したと発表しました。また開業と同時に、同じ札沼線の「石狩太美」は「太美」、「石狩当別」は「当別」に、それぞれ駅名が改称されます。

 新駅「ロイズタウン駅」は当別町およびロイズコンフェクトによる請願駅として設置計画が進められ、今回当別町との間で工事協定が締結されたことから、いよいよ工事に着手します。

 駅は1面1線の無人駅で、開業は2022 年春が予定されています。なお、駅ナンバリングは「G11-1」と枝番が付番され、線内の他の駅に変更はありません。

 また、新駅開業に先駆けて、石狩太美駅ではバリアフリー工事が実施され、駅舎および1番線ホームにスロープ等が設置されます。

【了】

【新駅「ロイズタウン駅」のイメージ】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント