フランス 火事で入渠中の原子力潜水艦 ニコイチ修理を公開

修復完了で「ペルル」は世界初のニコイチ原潜になる予定。

原潜の直し方としては世界初の手法

 フランスの造船企業であるナーバル・グループは2021年4月14日(水)、修復中である原子力潜水艦「ペルル」の入渠シーンを公開しました。

Large 210415 perle 01

拡大画像

造船所のドックで修理中の攻撃型原子力潜水艦「ペルル」と、その修復のために用意された退役潜水艦「サフィール」。(画像:ナーバル・グループ)。

「ペルル」は、フランス海軍リュビ級原子力潜水艦の6番艦として1990(平成2)年9月22日に進水、1993(平成5)年7月7日に就役しています。

 2020年6月、同艦は地中海に面したフランス南東部トゥーロン海軍基地での定期整備中に艦内で火災を起こし、大きなダメージを負ってしまいました。これにより一時は退役も検討されたものの、フランス軍事省は「ペルル」の修理を決定します。

 その修理方法は大胆なもので、2019年7月に退役したリュビ級2番艦「サフィール」を流用するというもの。被害の大きかった「ペルル」の船体前半分をそっくり「サフィール」で代替してしまおうという手法でした。

 このような修復作業はナーバル・グループいわく世界初とのことで、重要な接合箇所の作業については、事前に3Dのデジタルモデルを作り、電気技師や配管工、ボイラー技師などは、事前に仮想世界で予行を実施したうえで実作業に入ったそうです。

 なお「ペルル」を含むリュビ級の後期建造艦は全長73.6mですが、この修復作業によって同艦は全長が1.4m長くなるとのこと。延長部分には各種ケーブルを接続するためのジャンクションボックスが設けられるほか、新たに居住区も増設されるといいます。

【了】

【写真】船体の前半分と後ろ半分が並んだところ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント