さいたま新都心~大宮区役所で自動運転バスの実証実験 25日から4日間

国内で導入済みの小型自動運転モビリティが使用されます。

4月25日から4日間実施

Large 210414 saitama 01
自動運転サービスに使用される車両(画像:マクニカ)。

 国土交通省 関東地方整備局は2021年4月21日(水)、産官学連携により、さいたま新都心駅周辺の公道上で自動運転サービスの実証実験を行うと発表しました。

 これは東京大学空間情報科学研究センターが主体で行われる取り組みで、自動運転サービスの活用可能性と需要性、シェアモビリティとの連携性の検証などが目的です。

 実証実験の期間は2021年4月25日(日)から28日(水)まで。時間は各日午前9時から14時までです。運行されるのは、さいたま新都心バスターミナル~さいたま新都心駅~大宮区役所の片道約2kmで、一般利用については、事前受付が必要です。
 
 使用される車両はマクニカ製の15人乗りの自動運転用EV「NAVYA ARMA」です。「NAVYA」リーズは自動運転のシャトルバスとして、茨城県境町や東京都の羽田イノベーションシティなどで採用されています。

【了】

【自動運転バスの運行ルート】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント