「空飛ぶ宮殿」死なず? エミレーツは今後も超巨大機「A380」を使うのか 日本支店長に聞く

新型コロナウイルス感染拡大で、2階建て超大型機の活躍の場が減っているなか、依然総2階建ての「エアバスA380」を主力機に据えているのがエミレーツ航空です。今後もその方針は変わらないのでしょうか。日本支店長に話を聞きました。

世界中で長期駐機&早期退役相次ぐ「A380」

 2020年から世界の航空業界を混乱の渦に陥れた新型コロナウイルス感染拡大により、航空会社それぞれが事業計画を見直し、その状況を乗り切ろうとしています。そのなかで、一種のトレンドとなっているのが、使用する飛行機を座席数の少ない小型のものにすることです。

 この影響で、いわゆる大型旅客機はどんどんその活躍の場を狭めています。たとえば「ジャンボ・ジェット」の愛称を持つボーイング747、そして総2階建ての胴体をもつエアバスA380などがこれにあたります。A380に関しては、2007(平成19)年デビューと、まだ製造年数が比較的浅いモデルにも関わらず、ANA(全日空)やカンタス航空では定期便運用から外れており、エールフランス航空では2020年に、全機が前倒しで退役しています。

Large 210425 ek 01
エミレーツ航空のエアバスA380(画像:エミレーツ航空)。

 このような状況下、依然としてA380を主力機として使用する方針を示している航空会社が、アラブ首長国連邦のドバイに本拠を構えるエミレーツ航空です。2021年1月に同社の日本支店長に着任したサティシュ・セティ氏がインタビューに応じ、同型機の今後の方針について説明しています。

「エミレーツ航空とエアバスA380の関係は、2000年7月に初号機を契約して以来、20年以上続いており、(2021年1月現在で)A380型機の保有機数は115機以上になりました。A380型機は今も昔も、私たちにとって重要な航空機です。サプライチェーンが許す限り運航を続けていきます」

 今後もエミレーツ航空はA380を主力機とする方針に変更はなさそうです。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント