首都高の料金「昼間1000円上乗せ」五輪期間中の混雑対策 対象になる範囲は

6時から22時までは一律で+1000円です。

オリンピック期間中およびパラリンピック期間中に実施

 かねて議論されていた、東京オリンピック・パラリンピック期間中における首都高の混雑対策を目的とした料金施策が明らかになりました。

 オリンピック大会期間中の2021年7月19日から8月9日まで、ならびにパラリンピック大会期間中の8月24日から9月5日は、昼間(6~22時)に首都高の都内区間を利用するマイカーなどへ、一律1000円が加算されます。

 反対に、夜間(0~4時)は首都高全線で料金が5割引になります(ETC車限定)。夜間利用を促進するためです。

Large 210510 ryokin 01
首都高の入口の例(中島洋平撮影)。

 対象の車種は、ETC車が軽・二輪および普通車の自家用自動車(現金車は事業用車も含む)で、中型車以上は適用されません。なお軽・二輪および普通車にも一部、適用除外となる車種あるいは条件があります。

 料金上乗せ区間は、前出の通り主に都内に限定され、神奈川区間や埼玉県内の区間は基本的に対象外。たとえばS1川口線の場合、上り線は新郷(埼玉県川口市)、下り線は足立入谷(東京都足立区)が「境界」となっています。

 しかし7号小松川線の場合、下り線は錦糸町より千葉側の入口から利用しても上乗せされない一方、上り線は谷河内(京葉道路との接続点)から上乗せ対象となるなど、路線により境界の設定が異なります。また、現金車については別途ルールが設定されています。

「大会期間中の7月から9月上旬は例年交通量が多い上に、大会関係車両等の利用が加わります。そのため、大会関係者及び観客の安全で円滑な輸送と物流を含めた経済活動の安定の両立を図るため、大規模な交通対策が実施されます」。首都高速道路のウェブサイトでは今回の料金施策の趣旨について、こう説明されています。

【了】

【路線図】昼間1000円上乗せになる範囲

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to ゲスト Cancel reply

3件のコメント

  1. いやぁ、やっぱり要らないね、オリンピック。

  2. どうせ欧米は海外渡航禁止状態が続くだろうから役人たちが想像するほどのインバウンドは来ないだろ。五輪やったとしても道路の混雑なんてナイナイ。

  3. ちょっと待って!!
    オリンピックを理由に1000円プラスって意味が分からない。
    人の移動は最小限に押さえて開催するんじゃないの?
    混雑緩和ってなに?
    マスクが品薄だった時に高額で転売していたのとやってる事は一緒!!