スバル SUV型EV「ソルテラ」を発表 トヨタと共同開発で2022年発売へ

トヨタとの共同開発車、ということは!?

CセグメントクラスのSUVモデルEV

 スバル(SUBARU)は2021年5月11日(火)、2022年の発売に向けて開発を進めるEV(電気自動車)の名称が、「SOLTERRA(ソルテラ)」であると発表しました。

Large 210511 solterra 01
スバルが開発中の新型SUV「SOLTERRA(ソルテラ)」(画像:スバル)。

「ソルテラ」は、スバルとトヨタが共同開発したEV専用プラットフォームの「e-SUBARU グローバル・プラットフォーム」を採用した初のスバル車で、CセグメントクラスのSUV型EVとのこと。同社の「アウトバック」や「フォレスター」「SUBARU XV」などからなるSUVラインアップに加わる新型車として、2022年中ごろまでに日本を始め北米(アメリカ・カナダ)、ヨーロッパ、中国などで発売する予定だといいます。

 なお、名称の「SOLTERRA(ソルテラ)」とは、ラテン語で「太陽」を意味する「SOL(ソル)」と、「大地」を意味する「TERRA(テラ)」を組み合わせた造語とのことです。

【了】

【写真】「ソルテラ」の兄弟車? トヨタが開発中の新型EV「bz4X」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント