「敦賀駅~三方五湖」バス実証実験を秋に実施へ 眺望地点で停車 新幹線開業見据え

三方五湖レインボーラインを通行します。

公共交通機関で観光道路を楽しむ

Large 210430 mikata 01
山頂から見た三方五湖と若狭湾の風景(画像:写真AC)。

 福井県は2021年5月7日(金)、北陸新幹線の敦賀開業を見据え敦賀から若狭地域への周遊を促進する施策として、敦賀駅と三方五湖エリアを結ぶ路線バスの実証実験を行うこととし、企画提案書の公募を開始しました。

 公募の仕様書によると、このバス路線は敦賀駅ならびに美浜駅を発着し、それぞれ三方五湖レインボーラインを経由し、レインボーライン山頂公園、若狭町レイククルーズ乗り場などを経て三方駅に向かうものです。

 運行ダイヤは敦賀駅発着路線で1日3便以上、美浜駅発着路線で1日6便以上で、JR小浜線のダイヤを補完するものとし、敦賀駅では特急列車、美浜駅では普通列車との乗り継ぎも考慮されるものとするとされています。

 また、運行経路上にビューポイントが設置され、風景の観賞のための停車時間も設定される計画です。

 計画されている実証実験の運行期間は2021年9月1日から11月30日までのうち連続する2ヶ月で、土日祝日の計21日間とされています。

【了】

【敦賀~三方連絡バスの予想ルート】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント