中野サンプラザ再開発へ 跡地に高層ビル 中野駅もビル化 JR東など5社

中野サンプラザがなくなると、中野区の成人式どうなるんだろう……。

中野サンプラザ解体へ

 野村不動産、東急不動産、住友商事、ヒューリックおよびJR東日本は2021年5月12日(水)、「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」において、地元の東京都中野区と基本協定書を締結したと発表しました。

Large 210512 sunplaza 01

拡大画像

完成パース(画像:JR東日本)。

 これはJR中野駅前の複合施設「中野サンプラザ」ならびに中野区役所エリアの再開発を軸とした事業で、サンプラザ跡地を含む2ヘクタールを超える大規模な敷地に、ホール・オフィス・住宅・商業・ホテルなどを整備するものです。

 コンサートなどが多数行われる中野サンプラザの機能を継承し、最大7000人収容の大ホールを整備し、新たな文化・芸術などの発信拠点にするといいます。また、中野駅西側南北通路、橋上駅舎(駅ビル)、新区役所も整備され、広場や歩行者空間を設けることで、新たな交流と賑わいを創出するとのこと。
 
 再開発地区に建設される高層ビルは、中野サンプラザの三角形を活かしたトップデザインとし、新たなシンボルタワーとなることを目指すということです。

 5社は今回の事業について、「中野サンプラザの機能を再整備する事業でもあることから、文化を原動力としたまちづくりを目指し生活・産業・交流を活性化させるため整備を図ってまいります」としています。2022年度末の都市計画決定、2028年度内の竣工を目指すということです。

【了】

【画像】どうなる中野駅前? 再開発のイメージをもっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント