山陽電車のツートン電車引退で「ツートングルメ」話題 駅そばやドリンク「定番化して」

山陽電鉄を半世紀にわたり走った3000系電車のうち、ツートンカラーの復刻塗装を施されて最後まで定期運用されていた1編成が引退。そのさよならイベントに合わせて、駅そば店が発売した「ツートングルメ」が想定外の人気ぶりを見せています。

「山陽電車のツートン」引退の陰で「再現メニュー」が人気

 神戸と姫路を結ぶ山陽電鉄において、1969(昭和44)年から約50年もの長きにわたって走り続けた3000系電車、その最後の1編成(3030号)が、2021年5月21日(金)をもって定期運用から退きました。クリーム色とネイビーブルーのツートンカラーに復刻塗装されたこの車両の引退に向けて「さよならイベント」が計画されていたものの、新型コロナウイルスの感染拡大により、予定されていたヘッドマーク装着が中止になるなど、やや寂しい幕切れとなりました。

Large 210521 sanyo 01

拡大画像

引退した山陽電鉄の3030号。ツートンカラー復刻塗装(画像:山陽電鉄)。

 その一方、山陽電鉄沿線や構内で営業する「山陽そば」が期間限定で発売した「ツートンメニュー」の予想以上の美味しさが、SNS上などで話題を呼んでいます。山陽そばによると、3030号の引退記念ノベルティが付属するため、ある程度の売れ行きは想像していたそうですが、長年の定番「ぼっかけそば」に次ぐ勢いで、予定数の1800食は想定よりはるかに早く完売したそうです。

 これら「ツートンメニュー」は2つあり、いずれも次のような食材で、山陽電車のツートンカラーを丼の上に表現しています。

・「ツートンそば・うどん」:神戸名物ぼっかけ(牛すじ肉の煮込み)、天かす、わかめ
・「ツートン丼」:ぼっかけ肉のそぼろ・錦糸卵

 山陽そば各店には「グッズがなくてもあのメニューを食べたい」との声が多く寄せられ、予定数を完売したのちも、メニュー名を「2色そば・うどん」「2色丼」と変更して、5月31日(月)まで提供するといいます。

【ツートン電車を再現 話題の「ツートングルメ」各種】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント