JR四国「鬼列車」を運行 予土線では「鬼王丸車掌」乗務 全国唯一の「鬼」に由来

予讃線と予土線で走り出します。

予土線沿線の鬼北町

 JR四国と、その予土線が走っている愛媛県鬼北町が2021年5月20日(木)、「鬼」をテーマにしたラッピング列車「鬼列車」を運行すると発表しました。

 愛媛県鬼北町は、全国の地方公共団体で唯一「鬼」の文字が入る自治体で、2013年度から「鬼のまちづくり」を展開。今回、愛媛県南予地域の魅力発信と、予土線を中心とした鉄道の利用促進を図るため、「鬼」のラッピング列車を運行するといいます。

Large 210521 oni 01

拡大画像

ラッピング列車「鬼列車」のイメージ。(画像:JR四国)。

 期間は2021年7月4日から約2年間の予定。車両はキハ32形ディーゼルカー1両で、予讃線の松山~宇和島間、予土線の宇和島~窪川間での運行です。

 また予土線限定で、ARアプリを活用した「鬼王丸による観光ガイド」「鬼王丸車掌との記念撮影」も楽しめます。「鬼王丸」は、「鬼のまちづくり」のシンボルだそうです。

【了】

「鬼列車」の車内に出現する「鬼王丸車掌」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント