となりの駅まで列車で最短38分 離れすぎの2駅、その事情

日本で駅どうしの距離がもっとも長い区間は、新幹線では74.8km、在来線では36.3kmもあります。なぜこれほども長い駅間が誕生したのでしょうか。

在来線時代から「日本一長い駅間距離」

 2016年3月、北海道新幹線(新青森~新函館北斗)が開業しました。この区間には全長53.85kmの青函トンネルが含まれていますが、あわせて「日本一長い隣接駅間距離」も存在しています。

 それは奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)と、木古内駅(北海道木古内町)とのあいだ74.8kmです。

161214 ekikansaicho 01
「日本一長い駅間距離」を含む区間を走り抜ける北海道新幹線(写真出典:photolibrary)。

 この区間は、新幹線開業前の津軽海峡線(在来線)時代には竜飛海底駅(青森県外ヶ浜町)や吉岡海底駅(北海道福島町)、知内駅(同、知内町)がありましたが、利用者の減少や新幹線工事にともない2014年3月に駅を廃止。このとき、当時の津軽今別駅(現在の奥津軽いまべつ駅に相当)と木古内駅のあいだ74.8kmが「日本一長い駅間距離」になりました。現在、北海道新幹線は奥津軽いまべつ~木古内間を38分ほどで走り抜けています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 確か、上白滝駅は唯一の利用者だった女子高生の卒業と同時に廃止されたんだよな