『ぼく管』新作のパッケージ版 27日販売 今回は伊丹編 テクノブレイン

相変わらずの再現度。

パッケージ版は1万120円

 PCゲームソフトなどを手掛けるテクノブレインは、新作航空管制シミュレーションゲーム『ぼくは航空管制官4 伊丹』のパッケージ版を2021年5月27日(木)に発売開始しました。

Large 210523 bokukan 01

拡大画像

『ぼくは航空管制官4 伊丹』のパッケージ(画像:テクノブレイン)。

 今回は関西地方の大空港、伊丹空港を舞台とします。パッケージ版の価格は税込み1万120円、先行して発売されているダウンロード版は9020円です。

 伊丹空港は、一日に300便を超える国内定期運航便が就航しているほか、環境対策により離着陸を朝7時から夜9時に制限した運用を行う空港でもあります。テクノブレインによると同空港の特徴は、二本の平行滑走路とのこと。ゲーム内では、その特徴ゆえの運用などを再現しているとしています。

【了】

【再現度高い?】『ぼくは航空管制官4 伊丹』のプレイ画面イメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント