【懐かしの国鉄写真】二眼レフカメラで撮影した1966年の東海道本線・伊東線

ファインダー用と撮影(露光)用のレンズが縦に並んだ二眼レフカメラ。「体育の日」が初めて制定された1966(昭和41)年10月10日、中古で手に入れた二眼レフカメラを携えて東海道本線・伊東線で撮影しました。

この記事の目次

・二眼レフカメラは慣れないと戸惑う
・手に入れたのは「アイレスフレックス オートマート」

【画像枚数】全17枚

二眼レフカメラは慣れないと戸惑う

 二眼レフというカメラは、直方体のボディにファインダー用と撮影用に2個のレンズが付いています。ファインダーは実画面と同じ6×6cmのピントグラスになっているので左右が逆に写り、慣れないと列車などの動くものを撮るには少々戸惑います。

Large 210521 aires 01

拡大画像

早起きして有名な撮影スポットである根府川に向かった。足場の悪い斜面を登り、なんとか線路の脇に出られた。153系の先頭にクモユニ74が連結された伊東行きの普通列車(1966年10月10日、楠居利彦撮影)。

 日本では昭和20年代後半から30年代前半くらいまでが二眼レフの全盛期で、メーカー(機種)の頭文字はAからZまでをすべてカバーできるといわれていました。

手に入れたのは「アイレスフレックス オートマート」

 昭和40年代になっても生産されていたのはミノルタオートコードとマミヤのC形シリーズくらいになりますが、カメラ雑誌でニッコールレンズがついたアイレスフレックス オートマットという機種があることを知り、中古店巡りをしてなんとか手に入れました。撮影用レンズはF3.5/75mm、シャッターはB・1~1/500秒というスペックは二眼レフの標準的なレベルです。

Large 210521 aires 02

拡大画像

155系の修学旅行列車「ひので」。私も中学3年の修学旅行で世話になった(1966年10月10日、楠居利彦撮影)。
Large 210521 aires 03

拡大画像

鋳鋼製先台車のEF58 5が牽く普通列車で、熱海行きだったと思う。当時は夕方にも御殿場行きの客車列車があった(1966年10月10日、楠居利彦撮影)。

残り364文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 楠居利彦(鉄道ライター)

1946年、東京生まれ。中央線の沿線で育ったので、鉄道は複線で電化され、長編成の電車が頻繁に走るものと認識している。鉄道誌の創刊に関わり、車両データ本の編集を担当した。趣味は鉄道模型製作。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」