西九州新幹線 佐賀未着工区間が進展 フル規格での建設試算など「三つの宿題」とは

西九州新幹線の佐賀県内未着工区間について、佐賀県と国交省が「幅広い協議」を実施。様々な懸念があり歩みが遅い状況でしたが、今回、新しい「進展」がありました。そして国側に「三つの宿題」ができています。

佐賀県内を「フル規格」で3ルート試算

 建設に対する同意が佐賀県から得られず、先行き不透明になっている西九州新幹線の未着工区間(新鳥栖~武雄温泉)について2021年5月31日(月)、佐賀県の地域交流部長と国土交通省の鉄道局幹線鉄道課長が「幅広い協議」を実施。そこでひとつの進展がありました。

 国側は、未着工区間についても2023年秋の先行開業区間(武雄温泉~長崎)と同じ、乗換なしで時短効果の高い「フル規格新幹線」(東海道新幹線などの、いわゆる普通の新幹線)を新たに建設し、「全国新幹線ネットワーク」の効果を発揮させるのが適切としていますが、その場合、佐賀県側に多額の建設費用負担、在来線の利便性低下といった懸念があることから、同県はフル規格前提の話には応じられないとしています。

Large 210601 nishikyushu 01
西九州新幹線に導入されるN700S(画像:JR九州)。

 そうしたなか今回の協議では、佐賀県側から「フル規格について、県内ではルートに関し様々な意見があり、フル規格を提案するのであれば、(佐賀駅を通る現在の想定ルートの)北や南を行くルートについても試算を出してほしい」という話がありました。

 これに対し国交省の足立基成課長は、フル規格での試算になるため、「フル規格で建設した場合はどうかという議論をしようという佐賀県の意向があったかと思います」と、進展したという認識を示しました。

 現在、西九州新幹線をフル規格で建設する場合、佐賀駅を通るルートが想定されていますが、それに加えて南側の佐賀空港を経由するルート、佐賀駅の北側を経由するルートを検証するもので、赤羽一嘉国土交通大臣は6月1日(火)、「佐賀県からフル規格に関する具体的な提案があったのは初めてで、精力的に検討したい」と話しています。

 なお佐賀県側はこれについて、フル規格に舵を切ったものではないとしています。

【画像】長崎出身 蛭子能収さんが描いた「西九州新幹線」の想像図

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to ポリッシャーマン Cancel reply

4件のコメント

  1. 新鳥栖〜武雄温泉、ミニ新幹線ではまずいのですかね?佐賀駅付近に新たに線路を敷く用地はないように見えますが?

    • それは100%できませんね。長崎県と佐世保市、JR九州は2019年3月28日(木)、長崎県庁で佐世保線等整備検討委員会を開催し、佐世保線の高速化に向けて、地上設備の整備や振り子型車両の導入などについて合意したので、もし新鳥栖~武雄温泉をミニ新幹線にするとこの合意を破棄しなければいけません。

    • 三線軌ないし四線軌なら可能ですがいろいろ難癖付けてやらないでしょうね。JQとしてもミニ区間の在来線施設切り離せない上に新幹線料金取れないのはいやでしょうし。
      それにミニ新幹線(新在直通)となると新鳥栖での分併が発生しますが、分併での遅延が山陽区間に波及すればそのまま東海道区間まで波及しかねないのでJR東海が黙ってないでしょう。

      個人的には西九州ルートの需要を考えたら山陽直通列車は鹿児島フルと西九州ミニでの併結運転がベストだとは思いますが。開業当初のスタートダッシュはすぐ萎むでしょうし。

    • 需要ではミニ新幹線車両の併結でも十分でしょうが、それをやると今度は既設のホームドア(自分が知る限りは新神戸・岡山・広島)・可動式移動柵の改造、さらに新鳥栖のホームがフル規格8両限度の場合ホーム延長が追加投資として求められます。特に新鳥栖のホーム延長が必要となればその費用は決して小さな金額ではありません。
      その投資に見合うだけの収入が見込めないので、将来の車種統一を視野に入れてN700S系を導入し、本音はフル規格と言うことを暗に示していると自分は思っています。そうでなければ、佐世保線の特急を高速化するという合意を地元とするなんて考えられません。