佐世保線に振り子型車両導入へ 「新幹線開業時に高速化」でJR九州と地元が合意

長崎県・佐世保市・JR九州が佐世保線等整備検討委員会を開催。JR佐世保線の高速化に向けて、地上設備の整備や振り子型車両の導入などについて合意しました。長崎新幹線の暫定開業時に実現するよう、取り組みが始まります。

長崎県・佐世保市・JR九州が合意

 長崎県と佐世保市、JR九州は2019年3月28日(木)、長崎県庁で佐世保線等整備検討委員会を開催。佐世保線の高速化に向けて、地上設備の整備や振り子型車両の導入などについて合意しました。

Large 190328 jrqsasebo 01
博多~佐世保間を結ぶ特急「みどり」(右)(2017年10月、恵 知仁撮影)。

 佐世保線は長崎本線の肥前山口駅(佐賀県江北町)から分かれて、武雄温泉駅、有田駅、早岐駅を経由して長崎県北部の佐世保駅に至る路線です。佐世保駅を発着する特急「みどり」や、大村線のハウステンボス駅(長崎県佐世保市)まで直通する特急「ハウステンボス」などが運行されています。

 1992(平成4)年、長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)のルートが「佐世保寄り」から現在建設中の「短絡ルート」に変更されました。この際、佐世保市など長崎県北地域は新幹線ルートから外れるため抵抗しましたが、県は地元案として「短絡ルート」を採用。配慮として佐世保方面の在来線特急高速化などを盛り込んだ文書「九州新幹線等の整備に関する基本的考え方」を取りまとめました。佐世保線等整備検討委員会は、この文書に基づいて、佐世保線の高速化について議論を重ねてきました。

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 文章を素直に読むと地上側の整備は長崎県など地元自治体がJR九州に発注してやるわけですか。
    で、車両はJR九州が準備といいつつ実際は783系老朽更新のタイミングで新製と。

    赤字とはいえ6千人/日台とそこそこの輸送密度があるはずの佐世保線ながらJR九州に足元見られた長崎県もずいぶんと羽振りがよいですね。

  2. 有田~武雄温泉間の 高速化 は?
    武雄温泉~肥前山口間も 全線複線が望ましいが 所要時間短縮と列車行き違い待ちによる時間の損失を防ぐことが大事だ