新幹線「あおば」「あさひ」が消えたそれぞれの事情 残り2往復「はやて」も消滅寸前?

新幹線の列車名20種類のうち、現在使われていないのは東北新幹線の「あおば」と上越新幹線の「あさひ」です。このふたつの列車名が消えた背景には、長野新幹線(北陸新幹線)の開業やJR東日本の方針変更などがありました。

通過駅の有無で分けていた新幹線の列車名

 新幹線で使われた列車名は、2020年1月6日時点で20個(「Max○○」など補助的な名称を除く)。そのほとんどはデビューからいまに至るまで運行中ですが、東北新幹線「あおば」と上越新幹線「あさひ」は20年ほど前に廃止されました。上越新幹線「とき」も一時的に姿を消したことがあります。これらの列車名が消えた背景には、列車名の「分け方」に対する考え方の変化がありました。

Large 200105 namedtrainsks 01
かつて「あおば」「あさひ」で使われていた200系(画像:写真AC)。

 1982(昭和57)年に東北新幹線が開業した際、途中駅を一部通過する速達タイプの列車は「やまびこ」、途中すべての駅に停車する各停タイプは「あおば」と命名されました。ただし「あおば」の運転区間はおもに上野~仙台間で、仙台~盛岡間は「やまびこ」が各駅に停車することで対応しています。

 東北新幹線とほぼ同じころに開業した上越新幹線の列車は、速達タイプが「あさひ」、各停タイプが「とき」に。どちらの新幹線も通過駅の有無で列車名を分けていたわけです。

 しかし1995(平成7)年、JR東日本は東北新幹線で「なすの」の運転を始めました。これは「あおば」のうち東京~那須塩原間だけ走っていた列車の名前を変えたもの。「あおば」の名前の由来だった青葉城がある仙台を通らないため、那須塩原駅(栃木県那須塩原市)の北西側に広がる扇状地(那須野原)にちなんだ名前に付け直したといえます。

【写真】国鉄色181系の在来線特急「とき」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 200105 namedtrainsks 11
  • Thumbnail 200105 namedtrainsks 01
  • Thumbnail 200105 namedtrainsks 02
  • Thumbnail 200105 namedtrainsks 03

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

8件のコメント

  1. そもそも、名前の問題よりも、東北上越北陸3方面にいろいろな形式の新幹線(E2、E3、E4、E5、E6、E7)が走っていて、なおかつ、それらの車両の行先が統一してないからわかりにくいのでは。

    例えば、新潟行きかと思って乗ったE2系が長野行だったり、金沢行きかと思って乗ったE7系が新潟行きだったり、そういう誤乗はありそうな気がします。

    話はかわりますが、養護学校の送迎バスは車体の色で行先をわけているらしく、それで誤乗を防いでいるそうです。そんなわけでカラフルなバスがいっぱいあるそうです。

    それにならって、
    形式問わず東北方面なら緑、秋田が赤、山形が紫、上越方面ピンク、北陸長野はよくわからんだいだい色で統一してラッピングすれば誤乗もなくなるのかと。

    • 一理あるが、他線への転用が効かないんじゃ非効率この上ないではないか。

      因みにE2はもう長野(北陸新幹線)へはいっておらん。

    • 発車案内(発車標)も車両の表示も見ずに誤乗するような人たちはいくら車両のラッピングを変えたところで誤乗すると思いますが…。

  2. 列車名「はやぶさ」採用は必要だったのか。「はやて」のままで良かったのでは。あと、東海道新幹線内で「ひかり」も消えるんじゃないのかなぁ。ミドルクラスって油断すると廃れるんだよねぇ。急行列車然りで。

    • のぞみと同じ理屈ですよ。速いからその分追加料金を取るには新しい名前をということで。

      追加料金を取らないのであればわざわざ別の名前にする必要もありませんからね。

  3. 相模大野から新宿行きえのしま号で放るんだけどね。

  4. 東北新幹線の「あおば」はまだしも、上越新幹線に新潟・山形県境の朝日連峰からとった「あさひ」は付会だろうと開業当時から批判されていたと記憶。

    • あさひは、確かかつての新潟-山形-仙台の急行の名前で、東京視点だけでなく新潟から見ても、なんで東京(当初は大宮か)行新幹線の列車名に?という違和感はあったのでは。さすがに在来線と新幹線では誤乗は無かっただろうけど。