画期的?「既存ヘリを短時間で最新式に」エアバス成功 ローター換装・飛行システム更新

ヘリコプターは性能や役割によってローターブレードの数が異なります。これまでは枚数が異なる新タイプのローターを、旧式の機体に流用することは大掛かりな作業が必要でしたが、これからは短時間でできるようになりそうです。

機体買い替えなくても最新型へ

 エアバスは2021年5月25日(火)、中型ヘリコプター「H145」について、メインローターを4枚羽のものから5枚羽のものに交換する改修を行い、換装後の機体の飛行試験にも成功したことを明らかにしました。

 これは、旧タイプのEC145 T2(BK117 D-2にあたるタイプ)を、H145(BK117 D-3にあたるタイプ)に準ずる仕様にアップグレードしたものですが、エアバスは今回、この換装を短時間で実施しています。

Large 210528 h145 01

拡大画像

メインローターを5枚羽のものに換装し、飛び立つDRFルフトレットンのH145ヘリコプター(画像:エアバス)。

 交換はローターヘッド部分そのものの換装になるものの、単にローターブレード(羽)が4枚から5枚になるだけでなく、構造そのものが部品点数の少ない「ベアリングレスローター」になるため、飛行中の振動が低減し、安定性や快適性がよくなるほか、メンテナンスの容易な最新のローターシステムになるため、整備期間の短縮や点検項目の削減が図られ、整備性が向上するといいます。

 なお、改修に際してはアビオニクス(飛行制御システム)についても更新する必要があり、新たな飛行制御プログラムをインストールする作業をローターシステムの交換とともに行ったそう。

 いわば、古くなった機体をまるまる最新型に生まれ変わらせることに成功したわけです。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント