エンブラエル子会社「空飛ぶクルマ」200機の契約を締結 納入開始は2026年

5年後を目途に米英で飛ぶ予定です。

南米製「電気ヘリコプター」実現なるか

 ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルの関連会社であるイブ・アーバン・エアモビリティ・ソリューションズ社(フロリダ州メルボルン)は2021年6月1日(火)、アメリカならびにイギリスでヘリコプターによる都市間輸送を行っているHALO社と、eVTOL(電動垂直離着陸機)200機の注文を含むパートナーシップ契約を締結したと発表しました。

Large 210602 evtol 01

拡大画像

エンブラエルの関連会社であるイブ・アーバン・エアモビリティ・ソリューションズが開発中のeVTOL機(画像:エンブラエル)。

 この発注は、UAM(アーバンエアモビリティ、都市型航空交通システム)としては最大級の契約数で、納入開始は2026年を予定しているといいます。

 HALOは2021年5月現在、AW109およびAW169の両ヘリコプターを使って都市間航空サービスを実施しており、イギリスでは、イングランド南部、ロンドン、ミッドランズ(イングランド中央部)、チャネル諸島(ドーバー海峡)を拠点に、アメリカではニューヨーク、テターボロ(ニュージャージー州)、ブリッジポート(コネチカット州)、プロビデンス(ロードアイランド州)、フィラデルフィアなどを拠点に、両国でチャーター飛行や、ヘリシェアサービス、メンテナンスサービスを提供しています。

 同社は新たなUAMを構築するなかで、イブ・アーバン・エアモビリティ・ソリューションズのeVTOLを発注することにしたようです。

【了】

【写真】眼下に軍艦! ロンドン上空を飛ぶeVTOL

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. これ、クルマじゃないだろ