小型バス「ポンチョ」にEV版が登場「日野ポンチョ Z EV」コミュバスに十分な航続距離

コミュニティバスはEVの時代に?

ゼロエミッションと低騒音で地域にやさしく

 日野自動車が2021年6月9日(水)、小型EVバス「日野ポンチョZ(ズィー)EV」を2022年春に発売すると発表しました。

Large 210609 poncho 01

拡大画像

「日野ポンチョZ EV」の外観イメージ(画像:日野自動車)。

 2002(平成14)年に発売され、地域の足として全国で多く採用されている小型ディーゼルバス「日野ポンチョ」のEV版ともいえるもので、「あらゆる人に優しいユニバーサルデザインとコミュニティバスに最適なパッケージング」という特長はそのままに、EV化によってクリーンな輸送を実現するといいます。

 広いフルフラットエリアと低床・ノンステップ構造で乗降や車内移動がしやすいほか、小回りのきく高い機動性、コミュニティバスに十分な航続距離を確保し、高い実用性を備えているそうです。

【了】

【表】バッテリー容量は? モーター出力は? 「日野ポンチョZ EV」の主要諸元

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 一体おいくらでしょう? 
    去年は7000万円すると聞いたような。
    このサイズならBYDは2000万円台で作れると豪語しているとか。

  2. BYDのOMEなんですってね。
    今まで電気モーターなんて本気で扱ったことないだろうに、どうするんだと思ったけれども、確かにそれが一番現実的。

    小型車はどうしてもスペースとの戦いになるけれども、電気自動車なら逆に余裕まで生まれちゃうかもなぁ。

    • × OME
      〇 OEM