初の2021年デビュー機! JAL「A350-900」9号機がデビュー ピカピカ機体は羽田→福岡から

だいぶ「A350」の数も増えてきましたな。

初便は福岡行きJL305便

Large 210622 09xj 01

拡大画像

羽田空港をJL305便として出発する「JA09XJ」(2021年6月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 JAL(日本航空)国内線で2019年から順次導入が進んでいる次世代フラッグシップ旅客機「エアバスA350-900」。この9号機となる「JA09XJ」が、2021年6月22日(火)から定期旅客便へ導入されました。

 初便となったのは、22日の羽田発福岡行きのJL305便。朝7時すぎに、羽田空港を出発しています。

 JA09XJは、6月14日(月)にJALへ受領され、17(木)朝にエアバス社があるフランス・トゥールーズから、羽田空港へやってきました。国際線ファーストクラス、クラスJ、普通席の3クラス、計369席を配しており、全席に個人モニター、USBポート、電源コンセントなどを備えます。なお、同機の前に導入されたA350-900の8号機「JA08XJ」は、2020年12月に登録。そのため今回旅客便デビューを果たしたJA09XJは、2021年に初めて導入されたA350-900となります。

 JALではA350-900を18機確定発注しており、これらを従来の国内線主力機であるボーイング777の後継機として、おもに羽田発着の国内幹線へ順次投入を進めています。このほかJALでは、国際線の次世代主力機としてA350シリーズの胴体延長タイプ「A350-1000」を2023年に導入予定です。

【了】

【機内は超最新!】JALA350の客室と出発するJA09XJを見る(22枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント