世界最大モンスター機、復活! An-225「ムリヤ」10ヶ月ぶり商用飛行 ド迫力の離陸の様子

飛んでいる様子は華しかありませんな!

6月中旬にテスト飛行

Large 210616 an225 01
アントノフAn-225「ムリヤ」(画像:Antonov Company)。

 アントノフ航空の公式Twitterが現地時間2021年6月24日(木)に、同社が運航している巨大貨物機An-225「ムリヤ」が商業飛行に戻ったと投稿しました。同機は整備作業を完了したのち、2021年6月中旬にテスト飛行を実施。商業フライトへの投入は2020年8月以来で、約10か月ぶりとなります。

 An-225は、重量ベースで世界最大の飛行機として知られるモデルです。全長84m、全幅88.74m、「ジャンボジェット」として知られるボーイング747-400(全長70.66m、全幅64.47m)のサイズを大きく上回ります。当初はソ連版スペースシャトル「ブラン」輸送のために作られた機体だったものの、現在はその規格外のサイズを生かして貨物輸送を担っています。大きさはもちろんのこと、多数の脚や6発エンジン、H型の尾翼などユニークなデザインも特徴です。

 アントノフ航空の投稿によると、今回のフライトでは、アントノフ航空の本拠地があるウクライナからアフガニスタン、ヨーロッパを飛行したとのこと。同社はコメントとともに、An-225の離陸の様子を撮影した動画を投稿しています。

【了】

【巨体の理由もナットク】宇宙船乗っけてた時代のAn-225

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 名前。無理や!

    • 昔wikipediaのページ名がムリヤでトップ画像が背中にスペースシャトル積んで飛んでる写真だったからまさにそれだった(ブランなのは分かってるけど分かりやすいので)