出るぞメルセデス新型Cクラス! Sクラス譲りの側面1本ライン 予約開始7月下旬~

デザインには新型Sクラス譲りの要素も!

セダンで654万円から

Large 210629 portr 01

拡大画像

発表された新型Cクラス(画像:メルセデス・ベンツ)。

 メルセデス・ベンツ日本が2021年7月下旬から、新型「Cクラス(セダン/ステーションワゴン)」の先行予約受付を開始します。

 Cクラスは1982(昭和57)年に「190クラス」として登場。2014(平成26)年からは先代Cクラスが販売され、ベンツの定番モデルです。

 エクステリアは新型Sクラスで取り入れられた、側面のフロントからリアまでを貫く1本のライン「キャットウォークライン」を踏襲。インテリアのデザインにも新型Sクラス譲りの要素を取り入れつつ、随所にCクラスらしいスポーティさも表現されています。主な特徴は以下の通りです。

・ISGとプラグインハイブリッドによる全モデル電動化
・プラグインハイブリッドモデルの電気のみでの航続距離100km
・サポートの精度を高めた安全運転支援システム
・縦型11.9インチのセンターディスプレイによる直感的な操作設定
・AR(拡張現実)ナビゲーション
・生体認証(指紋・声)によるシートポジションなどの設定
・片側130万画素の超高機能ヘッドライト
・良好な取り回しと優れたハンドリングを実現するリア・アクスルステアリング

 メーカー小売価格(税込)は、セダンが「C200 アバンギャルド(ISG搭載モデル)」の654万円から、ステーションワゴンが「C200 アバンギャルド(ISG搭載モデル)」の680万円からです。

【了】

【新型Sクラス譲りの要素も!】新型Cクラス、写真でイッキ見

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント