鬼滅の刃ラスボス・鬼舞辻無惨に突っ込んだ自動車の正体は? 大正時代の超高級品のハズ

世界中で大ヒットしている「鬼滅の刃」。最大の敵、「鬼舞辻無惨」に会心の一撃をくらわせたのは、隊士が運転する3台の自動車でした。影のヒーローとなったこのクルマとは一体どのようなクルマだったのでしょうか。

鬼舞辻無惨討伐で一躍ヒーローとなった車とは?

 世界中で大ヒットとなった漫画『鬼滅の刃』。人を食らう鬼が跋扈する大正時代を舞台に、剣士軍団「鬼殺隊」と鬼の戦いが描かれます。そのクライマックスとなる鬼殺隊とラスボス・鬼舞辻無惨との最終決戦で、あるクルマが重要な役割を果たします。

 無惨との決戦も最終局面、日の出が始まり、太陽に弱い無惨は日陰を求めて街を逃げ回ります。「日陰に入らせるなー!!」という指令のもと、隊士が運転するクルマ3台が無惨に激突。鬼殺隊らは足止めに成功し、無惨を朝日の元にさらし、見事に退治します。

 まだ自動車も少ないはずの大正時代、このクルマの正体は何だったのでしょうか?

Large 210619 kuruma 01
作品内に登場する自動車に似たフォード製小型車(画像:トヨタ博物館)。

 まず舞台となった時期ですが、作中に「47年前、慶応に捕まった」といった鬼のセリフなどから1912(大正元)年から1915(大正4)年ごろと推測されます。国交省の資料によると、当時の国民の自動車保有台数は、統計が始まった1907(明治40)年では16台、1913(大正2)年にはそれが892台、1915年には1244台となっています。当時は自動車が日本社会に導入され始めた、まさに黎明期という時期でした。

 もちろん、この年代には国産車はまだなく、輸入車ばかり。フォードなどのアメリカ車や、欧州車も輸入されていました。ということは、鬼殺隊が突っ込んだのは日本に1000台ほどしかない貴重な外車だったことが分かります。しかも3台。なお激突直後に、無残にクルマは破壊されてしまいます。1000年の戦いに終止符を打つためとはいえ、当時の感覚からすれば大きな「犠牲」だったのではないでしょうか。

 気になるのが具体的な車種です。屋根やライトの形状、前輪から後輪にかけて一体となったフェンダー、そして生産時期から判断すると、この車はフォードのモデルT、通称「T型フォード」と最も近いことが分かります。

【鬼殺隊が突っ込んでいった「アメリカ製大衆車」の姿】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント