日野自動車 ダカール・ラリー2022に参戦 レース用ハイブリッド搭載車を投入

「世界一過酷」と言われるラリーに今年も参戦。

排気量8000cc超のディーゼル・ハイブリッドを搭載

 日野自動車は2021年6月30日(水)、サウジアラビアを舞台に開催されるダカール・ラリー2022に、「日野チームスガワラ(代表:菅原照仁/総監督:下義生)」として参戦すると発表しました。

Large 210630 hino 01

拡大画像

日野自動車が発表したダカール・ラリー2022参戦車両のイメージイラスト(画像:日野自動車)。

 1991(平成3)年に日本の商用車メーカーとして初めて同ラリーに参戦した日野は、前回大会ではクラス12連覇を達成するなどしています。

 ダカール・ラリーがサウジアラビアで開催されるのは2022年大会で3度目で、日野としては通算31回目のダカール・ラリーの参加になるとのこと。同社としては北米仕様のボンネット・トラックをベースに車両の軽量化、および日野初のレース用ハイブリッドシステムと高馬力エンジンを搭載するなど、大幅な改良を施して挑むとしています。

【了】

【日本じゃレア】北米専売車がベースの特別なトラック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント