世界唯一 ロシアのジェット飛行艇「Be-200ES」ギリシャ山林火災に出動

ロシア製ジェット飛行艇が国境を超えて派遣されました。

世界でもレアなジェット消防飛行艇がギリシャへ

 ロシアの国営航空機メーカーであるUAC(ユナイテッド・エアクラフト・コーポレーション)は2021年6月30日(水)、ギリシャで続く山火事を消火するために、ロシア非常事態省のベリエフ「Be-200ES」飛行艇が派遣されたと発表しました。派遣は、ロシアとギリシャのあいだで今年3月に締結された災害支援協定に基づくものとのこと。

Large 210702 be200es 01

拡大画像

ギリシャに派遣されたロシア非常事態省のBe-200ES飛行艇(画像:UAC)。

 Be-200飛行艇は、ジェットエンジン双発の多用途飛行艇で、1998(平成10)年9月24日に初飛行したのち、2020年までに16機ほど生産されています。

 今回、ギリシャに派遣されたBe-200ESは、Be-200をベースに消火用の水タンクや捜索救難能力などを付与したタイプで、取水能力は最大12t、散水能力は1回の給油で最大270tあるといいます。

 UACによると、Be-200飛行艇は実用化された世界唯一のジェットエンジン搭載飛行艇とのことです。

【了】

【水撒く瞬間】底部を開けて散水するBe-200ES飛行艇ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント