世界で最も醜い航空機 フェアリー「ガネット」 なぜこんな外見に…そのワケとは

飛行機の世界には「世界最速」や「世界最大」、「世界最多」など様々なうたい文句の付く機体は多数ありますが、「世界最醜」と呼ばれるものは唯一無二かもしれません。性能は優れていたそうですが……どのような飛行機なのでしょう。

「カツオドリ」の愛称が付けられた短鼻の鉄翼

 イギリスは時として名機を生み出します。たとえば木製の「モスキート」戦闘爆撃機や、「ハリアー」垂直離着陸戦闘機などが挙げられるでしょう。それに対し、「世界一醜い機体」などと不名誉極まりない評を下されたフェアリー「ガネット」という空母艦載機も、イギリスには存在しました。

 同機は、イギリスのフェアリー社が開発した機体で、「ガネット」とは海鳥であるカツオドリの英名です。「世界最醜(さいしゅう)」呼ばわりの一方、、性能は優秀で、複数の国で採用されました。それにしてもあんまりすぎるその評価、いったいどのような飛行機なのでしょう。

Large 191120 gannet 01

拡大画像

イギリスが開発した「ガネット」対潜哨戒機は、オーストラリアやドイツ、インドネシアでも運用された(画像:オーストラリア海軍)。

「ガネット」の開発は、第2次世界大戦末期の1945(昭和20)年にスタートします。このころイギリス海軍は、将来を見据えた新型航空機の開発に取り掛かっていました。そのなかには、大西洋においてドイツの潜水艦Uボートに翻弄された苦い経験から、空母に搭載して用いる艦載型の対潜哨戒機も含まれており、これに対してフェアリー社とブラックバーン社が手を挙げました。

 ただし、両社は開発のスピードで大きな差がありました。ブラックバーン社は設計にもたつき、その間にフェアリー社は海軍の要求仕様を満たす試作機を1949(昭和24)年9月19日に初飛行させ、さらに翌1950(昭和25)年6月19日には空母「イラストリアス」への着艦試験まで成功させました。

 こうなるとイギリス海軍は、いまだ初飛行すらできないブラックバーン社の案に対して興味を失ってしまいました。その結果、フェアリー社の機体が採用を勝ち取ったのです。

【写真】下っ腹が大きく出たシシャモみたいな「ガネット」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 紅茶キマってんなぁ